『PLAY ON』でご紹介する創造的実践者へのインタビュー取材を続けるなか、私たちは一人の哲学者との対話を熱望するようになった。現場に寄り添う哲学である臨床哲学を、学問の世界に閉じようとする哲学とは異なる位相として提唱、実践し続ける哲学者、そして京都市立芸術大学の学長でもある鷲田清一さん。京都が誇る知の巨人の胸を借りて、私たちが取材を通して発見しつつある創造性の輪郭と、鷲田さんの眼差しの先にある創造性の姿を重ねてみたい。私たちはそんな思いを胸に、京都市立芸術大学の学長室のドアをノックした。