1986年、サッカーメキシコW杯でマラドーナが活躍し、チェルノブイリ原子力発電所では事故が起きた年。多様なテーマと質の高い記事、美しい写真、「INSIGHTS FROM KYOTO-JAPAN-ASIA」というコンセプトによって構成される『KYOTO Journal』は、その年に第1号を発刊した。以降最新刊の89号(2017年10月末時点)まで、米国西海岸で生まれた『Whole Earth Catalogue』からの地球規模の大きなムーブメントに起を持つその雑誌は、高品質なメディアであり続けている。日本でインターネットが普及する前から世界中のライターや写真家と共創しながらフルボランティア、非営利で。その中心にいるのが、『KYOTO Journal』発起人であり、編集長ジョン・アイナーセンさんだ。
約30年間彼を突き動かしてきた原動力、そこには私たちが自覚すべき京都、そして日本の可能性があるように思う。毎号何十人にもなる協力者たちをモチベートし、クオリティを維持し続ける組織運営の仕方にも、これからの創造力のインフラとなるヒントがあるように感じていた。
取材を申し込むと、東山・南禅寺、そこがジョンさんが待ち合わせに指定した場所だった。