Dari Kのチョコレートは特別だ。チョコレートの原材料であるカカオ豆。そのクオリティコントロールは日本で唯一のレベル。インドネシアに現地法人をつくり、栽培から発酵、焙煎に至るまでを徹底して行っている。しかも、彼らは品質水準を満たせば農家さんからカカオ豆を買い取る。市況に左右され、品質の良し悪しで価格が決まらないことが常識となっているカカオ豆の流通にも革命を起こしている。これまでのチョコレートは、クーベルチュールと呼ばれる製菓用に加工されたチョコレートを始点として技術を競う世界だった。しかし、彼らはいわば「チョコレート以前」を創造の舞台に変えたのだ。 これまで誰一人として経験したことのなかったフィールドをゆくDari Kを率いる吉野慶一さんに会いたい。彼はどうしてそのフィールドを歩めたのか知りたい。そう思って、Dari K本社を訪ねた。